So-net無料ブログ作成

結局、自動車保険の見直しなんて [自分が考えていること]

「自動車保険の満期が近づいてまいりました」

前もお話したとおり、私はある損害保険会社に勤めている。その社内代理店より、自動車保険の更改申込書が届きました。自動車保険を社内の代理店で入ると(本当はかくかくしかじかがあるが、かなり割愛)、大きい企業では優良団体割引なるものが存在する。市中で入るよりもその分安くなるのだ。うちの会社は一応それなりの規模の会社であるため、当割引は存在するのだが、年々割引率が低くなっていく。原因は、多分加入者減&事故率高し。損保の人たちは、人の見ていない間に事故ばっかしてますからね・・・

で、考えてみる。今の割引だけでいいものか・・・自分の会社を売って"国賊"扱いされる覚悟で、所謂"ダイレクト系"損保のHPを覗き、見積もり、比較してみた。(こちらの勝手な希望にて見積もっているため、実際にこのような値段比率になるかどうかは、責任を持ちませんので)

自分の会社:¥115,000(確か、これくらい。手元に資料が無いので、適当に)
ソニー損保:¥102,000
アクサダイレクト:¥77,160
アメリカンホーム:¥105,680
三井ダイレクト:¥93,800
そんぽ24:¥93,340
チューリッヒ:¥88,260

全体的に言えるのが、HPの使いやすさ・見易さが非常に低い。これでは一般顧客(≒損保のど素人)が自分自身で見積もる事が出来るのだろうか疑問。だからこその「インターネット割引」なのだろうが。さて、これだけの差が出るのです。何故か。代理店販売をしていない為、その分の中間マージン(=代理店手数料)が無くなるから。その他にも販管費にあたるものが低く抑えられている等理由はあるが。ダントツにアクサが一番安かった。一応、基本補償部分には差がついていなく、各損保独自の特約・サービスはあるものの、値段ではダントツ。

しかし、ダイレクト系の欠点は大きく2つ。
①売ってる人が見えないので、不安
②事故時の対応のレベルの低さ

①に関しては現代の荒んだ世の中ではあまり気にしなくても良い部類の心配事かと思いますが、①も②にも絡んでくるのが、事故時の対応。一応、ダイレクト系は事故時対応の低さが言われております。でも、最近では所謂"ひらがな損保"から社員を引き抜いて、レベルを上げてきているとか。しかし、代理店で損保に入ると一番メリットになるのが、この事故時対応。ぶっちゃけ、代理店かまして事故処理をしたほうが、顧客にはメリットが出る場合がある。例えば、ギリギリのラインで過失割合が良い方に転んだり、無理を聞いてもらったり。

だから、値段だけでダイレクト系を選ぶのも、ベストとは言い難い。やっぱり、信頼のおける代理店さんが近くにいたら、そこで損保は入った方がよろしいです。

さて、結局自分は、というと、やっぱり会社で更改することにしました。最大で¥35,000ほどの節約が出来ますが、こちらが希望しているベストな補償はアクサには無かった。これは損保マンとして裏を知っている以上、大きな差になる。代わりの節約はどこかでします。

結局損保の見直しなんて、資産運用の見直しや住宅ローンの入り先の選択、ましてや生保の見直しまでも効き目は無い。それだし、多少補償を上げたところで大した値上がり額にはなりません。これから自動車保険を見直そうとしている人たちへ、素直に信頼のおける代理店で加入しましょう。それでもリスクを取るのなら、安いダイレクト系としたほうが良いですよ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

佐賀

社内の代理店が事故の時に動くとは到底思えん。すでにドロップアウトした人間やん。頭悪そうやし。結局自分で交渉するはめになりそうな気はするんですが。
by 佐賀 (2007-11-04 11:51) 

betchy

それはあるかも知れん。
しかし、自分でやれるところも、自社の商品に入るメリットの1つ。新価特約が入れなくなったら、ダイレクト系に変えるよ。ダイレクト系には、どこも新価特約が見当たらんかった。それも、今回そのまま更改した理由のひとつ。
by betchy (2007-11-10 21:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます